韓国の家

韓国の床暖房オンドルが普及した理由・床暖房のメリットデメリット!

韓国の床暖房はオンドルといいます。

韓国式床暖房オンドルには歴史があります、その変遷についてと。床暖房にもメリットデメリットがあります。

韓国式床暖房オンドルの変遷や床暖房のメリットデメリットについて検証したいと思います。

足元からポカポカ暖かい床暖房は、エアコンやヒーターと違って風を起こしません。なので、憧れです。

そんな床暖房について書いている記事です。

韓国式床暖房オンドルとは

オンドルとは、韓国で普及している床下暖房の呼称です。

韓国では古くからオンドルを使用して暖を取っていました。

 

韓国の床暖房オンドルが普及した理由

韓国はユーラシア大陸の東の端に位置しています。大陸の東の端にある朝鮮半島にあります。

韓国の気候は大陸性気候で、シベリア方面から流れ込んでくる寒気のため、冬の寒さは日本の比ではありません。そこで発達したのが床暖房という知恵でした。

朝鮮半島においては、既に三国時代から使用していた痕跡が見られています。

※三国時代とは、高句麗・百済・新羅の三国があった、紀元前1世紀から紀元後7世紀の時代を指します。

 

韓国の床暖房オンドルの推移

オンドルは当初、台所のかまどで調理するときにでる暖かい排気を利用した暖房システムでした。台所からでるかまどの煙を床下を通して、部屋を暖める仕組みです。

当初は薪やマキなどを燃料にしていましたが、時代と共に練炭を使用するようになります。

しかし練炭による火は不完全燃焼することがあります。不完全燃焼による一酸化炭素が床の隙間などから部屋に流れて、一酸化炭素中毒を起こす事故が頻発したので、練炭から現在のオンドルに変わりました。

 

韓国の床暖房オンドルの現在

現在は、温水床暖房が一般的に普及しています。

韓国に残っている古い建物でも、練炭から灯油に切り替わっています。

最近では、ガス電気を使用しているところもあります。

 

床暖房のメリットとデメリット

床暖房のメリット

  • 足元から暖まる
  • 耐用年数が長い
  • 空気が汚れない
  • 空気が乾燥しにくい
  • 静か
  • 場所を取らない

 

床暖房のデメリット

  • 暖まるのに時間がかかる
  • 初期費用が高い
  • ランニングコストがかかる
  • フローリング材やカーペットが自由に選べない
  • メンテナンスがたいへん

 

 

韓国の床暖房オンドルまとめ

韓国の床暖房オンドルは歴史が古く、一般に普及している。

日本は、それほど普及していない。床暖房の技術が発達していない。普及するにつれて、安全面やメンテナンスのむつかしさの問題が浮上している。

床暖房にはメリットもたくさんありますが、ランニングコストが高いだったり、メンテナンスが煩雑であるという弱点があります。

 

韓国の間取りでトイレとお風呂洗面が別になると理想的!考察した結果韓国のお風呂はトイレと洗面と同じ部屋の中にあります。 韓国の人は普段はシャワーだけで済ますそうです。 だからなのかな? ...