平屋間取図1DK

シニアのための小さな一戸建て平屋の間取り 1DK 南玄関

一戸建ての平屋住宅で、1DKの間取りを書いています。
1DKといっても、個室一部屋とダイニングキッチンをリビングと兼ねたような間取りプランです。

できるだけ無駄を省いて、坪数を極力減らそうと努力していますが、おひとりで住むには十分な広さに仕上がっています^^部屋の大きさによってはおふたりでも住めます。

この記事では、玄関の位置は南側になります。

シニアのための一戸建て平屋の間取り 1DK 1

家の周りに死角のできない真四角のお家です。なので、防犯対策上も効果的です^^

おひとりでも窮屈でない家に住みたいものです。

※外壁、屋根、窓は一例です。

・収納部分が全部で3畳半あるので、一人分のお荷物なら、こまごまとした物からすべて収納できます。なので、部屋をスッキリとした状態で暮らすことができます。持ち物の多い方はこの限りではありませんけど^^

・個室は6畳の洋室で、ベッドを置きます。和室に布団より寝起きが楽ですから、年をとったときにも便利です。

・個室からは、リビングや手洗いにすぐ行けるようになっています。

・トイレルームを1.5畳と広めにとってありますから、掃除や手洗いが楽にできます。

・洗面所は広めです。上に洗濯物干しポールを取り付けてもらって洗濯物を干すと、防犯上もいいのではないでしょうか。外に出ることなく、家の中に洗濯物を干せるので、雨の日にも安心です。
なお、バスルームに乾燥機付き機能がある場合はそこに干すことができます。

・小窓にはすべて面格子がついていますから、防犯対策になります。
日中小窓を少し開けておいて、風通しを良くすることができます。

・キッチンとダイニングはリビングも兼ねた間取りです。
おひとりなら、比較的ゆったりと過ごせる広さです。

・玄関ホールもあります。また、玄関収納もあり、外出に必要なものもここに収納できて便利です。

・家の中心の収納からぐるっと一回りできる間取りになっています。

・掃き出し窓は、リビングの一か所のみです。

 

家の後ろ側、北西から見たところです。↓

 

シニアのための一戸建て平屋の間取り 1DK 2

個室を和室にして、南側に配置した間取りです。

LDKは東側にして、朝の光の中で食事できるようになりました。

※外壁、屋根、窓は一例です。

・南側に面した和室は広い縁側があります。和室の障子からワンクッション置くことで、部屋の中の目隠しにもなります。また、日当たりのいいサンルームとして使うことができます。

・和室の隣に2畳のウォークインクローゼットがあり、衣類のほか生活用品を収納できます。

・玄関から和室には入れません。リビング扉を開けて入るようになっています。

・DKは12畳です。DKをLDKのように使うこともできます。

・キッチンを対面式ではないようにして、広さを確保しています。キッチン収納は、作り付けになっていません。システムキッチンの下段に収納できるように工夫するといいです。食器類はお1人用に少なめだと収納に困りません。

・トイレルームは1.5畳にしてありますから、掃除や手洗いが楽にできます。
また、どの部屋からもすぐの位置にありますから、便利です。
換気扇を洗面所側に作って換気をします。

・この間取りは、和室の好きなおひとり様にピッタリだと思います。

 

家の後ろ側、北西から見たところ。↓

 

シニアのための一戸建て平屋の間取り 1DK 3

南玄関、玄関収納のある家。

※外壁、屋根、窓は一例です。

延べ床面積45.13㎡ (14坪)
間口10.01m
奥行き5.46m

・南玄関には、シューズボックスのほかに収納庫がありますから、便利に使えます。

・ダイニングキッチンは、8畳強の広さです。ダイニングテーブルを置いても少し余裕のある間取りです。大きめのテーブルを置いて、作業台と兼用してもいいかもしれません。

・南側の窓は掃き出し窓で、明るくなっています。対角の窓を開けると風通しがいいです。

・水回りをコンパクトに一か所に集めています。

・おひとり用のお住まいにできます。

 

北側、キッチンの勝手口と洗面所、風呂の窓があります。↓

 

西南方向から見たところ。↓

 

シニアのための一戸建て平屋の間取り 1DK 4

坪数を押さえた小さな家。

延べ床面積46.37㎡ (14坪)
間口6.37m
奥行き7.28m

・寝室を南側に、ダイニングキッチンを北側にした間取りです。なので、玄関から入ると、まずベッドの置いてある寝室になります。
日中でも明るく風通しの良い部屋になります。

・寝室にテレビなど置いて、いつも過ごすのはこの部屋になりますね。

・ダイニングキッチンは、窓が2か所と勝手口の窓から、合計3カ所から光が入ります。

・洗面所にはダイニングから直接入ります。廊下を省いています。
冬などにドアを開けておくと、ダイニングが暖まっていれば、洗面所に暖かい空気が流れて気温差を感じないですみます。

・廊下のないコンパクトな間取りプランです。

 

東側、キッチンと洋室の窓です。↓

 

北側、勝手口のドアがあります。↓

 

参考

ほとんどの間取りで、トイレは広く、ドアは引き戸にして、部屋間の移動が楽になるようにしています。
廊下は無くして・・・、と思っていたら、玄関ホールやバストイレなどの水回りのホールが意外と坪数をとったりすることがあります^^

わたしは建築士ではありませんけど、延べ床面積が100㎡以下の平屋や2階建ては、誰でも設計できるんですって。しかし、建築の詳しいことは、やはり建築士に依頼するのが無難です。

これらの間取り図は趣味で書いています。あなたの家づくりのご参考になれば幸いです。