ブログ

賃貸で新築はやめた方がいいと言われる理由は?向いてないのはこんな人

窓と緑

賃貸で新築はやめた方がいいと言われる理由はいろいろあるようです。

新築は一般に家賃が高い傾向にあります。

また、新築の賃貸に向いていない人の特徴も考察しています。特徴の当てはまる点が多い方は慎重に賃貸選びを行い、失敗しない賃貸で新生活を始めるのがいいでしょう。

賃貸で新築はやめた方がいいと言われる理由

新築マンションの部屋

賃貸で新築はやめた方がいいと言われる理由を見てみましょう。

賃貸の新築物件に住まないほうがいいと言われる理由はいくつか考えられますが、一般的には以下の点が挙げられます。

  • 家賃が高い
  • 物件の内見ができない
  • 物権の品質に関する不備要素がある
  • 新築独特のにおいがある
  • 希望日に引越しできないこともある
  • 退去費用が高くなりやすい
  • 周辺のインフラが未完成

1.家賃が高い可能性がある

新築物件は建物が新しく、設備や仕様が最新であるため、その分家賃も高くなることがあります。同じエリアで古い物件と比べて高額になることがあるので、予算に合わせて検討が必要です。

2.物件の内見ができない

工事中の新築物件の場合、物件の完成前に募集を始めることがあります。工事途中の内見はできないので、契約後に間取りや日当たりが想像と違っていたなんてこともあり得ます。
内見できない物件は注意が必要です。

3.物権の品質に関する不備要素がある

新築物件はまだ入居者が住んでいないため、建物の品質や施工のクオリティに関しては入居前に正確な評価が難しい場合があります。完成前に現地を確認することができないこともあります。

4.新築独特のにおいがある

新築物件は、建材に含まれる化学物質による独特のにおいが残っている場合があります。化学物質過敏症やシックスハウス症候群になることもあります。入居後は一か月程度は換気をしなければなりません。過敏症の人は気をつけたいものです。

5.希望日に引越しできないこともある

新築の物件は、何らかの影響で施工が遅れ工期がずれることがあります。前の家の退去申請を出していた場合、引越し予定日に工期が間に合わず、引越しできないこともあります。
退去日の変更ができなくなることがないよう予定を立てることも重要です。

6.退去費用が高くなりやすい

賃貸の新築物件の退去費用は高くなりがちです。新築物件なので、傷や汚れはなかったものとみなされ、退去時に傷や汚れがあれば入居者の負担とされます。傷や汚れの修繕費用がかかってくる可能性があります。

7.周辺のインフラが未完成

賃貸物件では珍しいケースになるかもしれませんが、新築物件が建設される際、周辺のインフラ(公共交通機関、ショッピングモール、学校など)がまだ整備されていないことがあります。
インフラが整備されることを前提に契約したとすると、しばらくは生活が不便に感じられることがあります。

以上、 賃貸で新築はやめた方がいいと言われる理由を見てみました。

ただし、これらの点は一般的な傾向であり、具体的な物件や地域によっては当てはまらないこともあります。検討する際には、物件の詳細や周辺環境、家賃の妥当性などを十分に調査し、自身の要件や予算に合った選択をすることが重要です。

賃貸で新築はやめた方がいい・向いてないのはこんな人

きれいな設備

賃貸で新築はやめた方がいい、向いてないのはこんな人ではないでしょうか。

新築物件に向いていない人の例

  • 家賃や初期費用を抑えたい
  • 内見してから契約したい
  • アレルギー体質がある
  • 最新の設備でも乱雑に扱う
  • 引越し期限が迫っている

1.家賃や初期費用を抑えたい

賃貸の新築物件は、すべてが新しいので、家賃や初期費用が高くなりがちです。家賃や初期費用をなるべく安く抑えたい人は、新築ではなく中古を選ぶといいでしょう。

2.内見してから契約したい

賃貸の新築物件は、内見できずに先行契約をしなければならないことがあります。内見せず契約すると、イメージと違っていたなんてことにもなりかねません。
内見して部屋の間取りや設備を確認してから物件を契約したい人は、内見できる物件を見に行きましょう。

3.アレルギー体質がある

もともとアレルギー体質の人は、化学物質過敏症やシックハウス症候群になりやすいかもしれません。アレルギー体質でなくても、においがいやな人は避けたほうがいいでしょう。アレルギー反応を予防するなら、新築はやめておいた方がいいかもしれません。

4.最新の設備でも乱雑に扱う

賃貸の新築物件は、ほとんど最新の設備を備えています。物を乱雑に扱う性質の人は、設備を壊すこともあります。丁寧に扱うことができないという人は、新築賃貸はやめておいた方が無難でしょう。

5.引越し期限が迫っている

引越し期限がある人は、新築賃貸を契約しても、希望引越し日に引越しできないこともあり得ます。そこで、引越しできない可能性を排除したいなら新築賃貸をやめておいた方がいいでしょう。

賃貸で新築はやめた方がいいと言われる理由は?向いてないのはこんな人まとめ

新築のクローゼット

新築の賃貸はやめた方がいいと言われる理由は、以下のようにいろいろあります。自分に向いているかいないかも以下を参考にしながらしっかり判断して、いい物件選びを行いましょう。

賃貸で新築はやめた方がいいと言われる理由は

  1. 家賃が高い
  2. 物件の内見ができない
  3. 物権の品質に関する不備要素がある
  4. 新築独特のにおいがある
  5. 希望日に引越しできないこともある
  6. 退去費用が高くなりやすい
  7. 周辺のインフラが未完成

新築賃貸に向いていないのはこんな人

  1. 家賃や初期費用を抑えたい
  2. 内見してから契約したい
  3. アレルギー体質がある
  4. 最新の設備でも乱雑に扱う
  5. 引越し期限が迫っている