ブログ

窓の寒さ対策なら断熱フィルム!賃貸マンションの窓が寒すぎる!

窓

築48年の賃貸マンションに住んでいます。

賃貸マンションは、建ててから48年経っているわけで、古い建物なので、当然防寒窓仕様になっていません。

加えて4か所ある各窓が大きいので壁に占める面積が大きいので、窓から逃げていく暖気が半端ないです。

そこで、窓の寒さ対策として考案した窓の防寒対策をやってみました。

窓の寒さ対策はもうすでにしている方も多いと思いますが、こちらもご参考になればいいですね。

窓の寒さ対策に断熱フィルムがあったなんてね。早く知りたかったです。

こちらの記事には一部広告リンクが入っています

賃貸マンションの窓が寒すぎる!

窓とコップ

住んでみてわかった窓からの寒気がヤバい。

1月にお引越しをして住み始めたわけですが、暖房を入れても一向に部屋が温まらない。

エアコンを28度設定にして朝から夜までガンガン焚いているのですが、足元は寒いし、窓のそばでパソコンしてると、寒い空気が窓から入ってきているように感じます。

賃貸に住むのは2回目で、1回目は20代の頃ひとり暮らしをしたかったのでアパートに住みましたが、そのころに比べてもこんなに寒かった記憶はないのです。

賃貸マンションのベランダの向きは東向きで、窓は北側に2か所、西側に1か所あります。

窓が南側にあればそんなに寒くはないのでしょうか?

エアコンをつけっぱなしにしておいて外から帰ってくると、確かに部屋はほんのり暖かくはなっているのですが。

デスクワークしていると足元が寒くて、もう一つ足用ストーブがいります。

なんと、賃貸マンションの窓が寒すぎるのは、窓が原因だと、はたっと気が付いたわけです。

知識不足ですね、ようやく気が付きました。遅すぎるよ

そこで窓の防寒対策を始めることになったわけです。

賃貸マンション窓の寒さ対策

窓があまりにも寒さを連れてくることに気が付いたわけですから、早速窓の寒さ対策をするのです。

窓の寒さ対策にプチプチ防寒シート

まず、いろいろ調べてみると、百均にも窓に貼るタイプのプチプチ防寒シートがありました。

ですが、我が家は窓に貼るUVカットしてくれるシートをこの間貼ったばかりだったので、貼るタイプの防寒シートはやらないことにしました。

UVカットシートは、平らな窓面に貼るタイプなら有りますが、ざらざらした面に貼るタイプのシートはありませんでした。

なんとか、ざらざらガラスに貼れそうなシートを見つけて貼っています。ちょっと引っ付きがいまいちですが、落ちずに張れているのでよしとしています(笑)

話はそれましたから元に戻します。

百均のプチプチ防寒シートは、窓ガラスに貼るので、窓枠から入ってくる隙間風は防ぐことができません。

百均のプチプチ防寒シートは、窓ガラスからの寒気を和らげることはできますが、窓枠まで受け入れてもらえません。

そこで、窓からの隙間風を防ぐために次の方法でやってみました。

窓の寒さ対策にプチプチを窓枠に貼り付ける

プチプチを窓枠の周り、つまり窓の桟から貼り付けるのです。

賃貸マンションなので、貼り付けることができませんから、最初にマスキングテープを貼って、その上からマグネットテープを貼ります。

マグネットテープも百均で売ってますし、プチプチも大きいサイズのものが売られています。

プチプチを貼るだけだから簡単にできそうだったのですが、めんどくさがりな私には難問でした。

窓が、横幅約2メートル、縦90㎝と大きいので、プチプチを窓枠からの隙間風が入らないように貼り巡らせるためには、2枚を継ぎ合わせないといけなかったのは苦労しました。

それに、プチプチを2重にしないと寒気を防ぐことができないので、2枚重ねて貼り合わせ、窓に固定します。

マグネットテープは案外丈夫そうですが、ちょっと強めの風が吹くと、窓の隙間から風が入ってきて、その影響でプチプチ窓がふくらんで、マグネットが外れてしまうほどです。

そこで、マグネットテープの間隔があまり空かないように、間に追加で貼って補強しました。

使用したマグネットテープは10mmサイズですが、20mm幅があったような。マグネット面が大きい方が接着力が強そうなので、またする機会があれば、大きい方のマグネットテープを使うと思います。

プチプチ窓を作ってみた感想としては、

見た目がきたない!

2枚継ぎ合わせているので、なおさらきたない。

この窓は開かずの窓にして、春まで開けない窓にします。それに誰もこの部屋には入れないのです。

仕事が雑すぎる。

窓の寒さ対策に断熱カーテン

窓の寒さ対策で一番に思いつくのは、断熱カーテンではないでしょうか。

遮光カーテンもいろいろな店舗があり、遮光する厚めのカーテンなので、断熱も兼ねていることが多いです。

断熱性能の高いカーテンにすると多少は違ってくるのではないでしょうか。

早速わがマンションの掃き出し窓にも断熱カーテンを取り付けました。

断熱カーテンの長さは床につく程度。

寒気は下に集まるので、窓からの寒気も下から入ってきます。

窓下から入ってこないように断熱カーテンは床すれすれの長さにしています。これでまあまあ安心です。

それでも隙間風があって暖かくならないよという方に朗報がありました^^

窓の寒さ対策なら断熱フィルム

賃貸マンション窓

窓の寒さ対策なら断熱フィルムでしょう。

あー残念。プチプチ窓の仕事をし終えてから、この情報を見つけました。

窓用の断熱フィルムなるものがあったのですねー。

窓枠に貼り付けて窓からの寒気の侵入を防いでくれます。

賃貸マンションは、まずマスキングテープを貼ってから、断熱フィルムを貼りましょう。

断熱フィルムの粘着力が強いので、直接貼るとはがれにくいようですし、賃貸マンションなら傷をつけることになってしまいます。

なので、マスキングテープを貼ってから貼り付けます。

ただし窓枠がない窓には使用できないようですのでご注意ください。

楽天市場やアマゾンで販売されています。
楽天市場
Amazon

掃き出し窓用や、窓用がありますよ。

クリア(透明)のタイプは、見た目も貼っていることがわからないほどです。またファスナーがあるものは、ファスナーを開けて外にも出られるようです。

お値段もお手頃です。

この断熱フィルムの存在を知っていれば、レースカーテンを新しく購入したり、断熱カーテンを購入したり、プチプチ窓を工作したりしないで、もっと効率よく断熱する方法を考えられたのですよね。

窓の寒さ対策なら断熱フィルム!賃貸マンションの窓が寒すぎる!まとめ

窓の寒さ対策なら断然断熱フィルム!賃貸マンションの窓は寒すぎる!

断熱フィルムなら、多少のめんどくさがりな人でも手軽に窓断熱ができるのではないでしょうか。

私のようにプチプチ窓を苦労して?作るより、断熱フィルムの方がよっぽど効率よかったのではないかと思いました。

ただし、窓枠のない窓には取り付けられないみたいなのでご注意ください。

断熱フィルムなら、窓から入る隙間風をブロックしてくれて、結露もないようですよ。

窓の寒さ対策するなら断熱フィルムがいいのではないでしょうか。

楽天市場やアマゾンで売っています。

窓の寒さ対策なら断熱フィルム!知らなかったぁ賃貸マンションの窓が寒すぎる!

楽天市場の断熱シートを見てみる

Amazonで断熱シートを見てみる