ブログ

一人暮らしの男部屋の現実・部屋が片付かない人の心理状態や特徴は?

マンション一人暮らし玄関

一人暮らしの男性の部屋の現実は汚いことが多い?

部屋が片付かない人の心理状態や特徴はどういったことが挙げられるでしょうか。

一人暮らしする男性は、実家暮らしから解放され気持ちが緩みやすく、汚くなっても気にしない。

掃除が面倒、仕事が忙しいなどから部屋が片付かないので汚いの悪循環に陥りやすい傾向にあります。

一人暮らしする男性の部屋の現実を見てみましょう。

一人暮らしの男部屋の現実

洗面台と手

一人暮らしの男性の部屋は大概汚いと思われています。

一人暮らしの男性の部屋の現実的に汚いと思われている理由は、以下の通り。

大多数の男性の一般的傾向。

  • 掃除がきらい
  • 片付けない
  • ゴミの日に出せない
  • 風呂はシャワーだけ
  • 築年数の古い物件
  • 休日は家でダラダラする

掃除がきらい

男性は掃除が嫌いな人が多いです。少しくらいのほこりがあっても平気で、汚くなったと自覚があった時に掃除しないといけないなと思うくらい。要するに、部屋が汚くならないと掃除をしない。

片付けない

男性は、買って来たものを片付けることが苦手な人が多いようです。買ってそこらに置いておく。それで、片付かないので、物がたまっている状態になる。テーブルの上とかが散らかっている。

ゴミの日に出せない

内食するとしても、弁当やカップ麺の空容器が放置されていたり、ゴミ箱に入れない。シンクに鍋や茶わんなどが洗っていない状態で置いているなど。ゴミの日を忘れていたり、ゴミの日にゴミを出せないことがあったりする。

風呂はシャワーだけ

お風呂はお湯を張らないでシャワーだけで済ます人が多いようです。お風呂にゆっくりつかるとガス代や水道代がかかるので、節約のためにシャワーで済ませている場合もあります。

築年数の古い物件

男性は、住まいより衣食の方にお金を回したい傾向がありますから、家賃を抑えるために築年数が古い物件に住むことがあります。築年数の古い物件は、リノベーションされていないと、古い設備や建てた当時の部屋の造りのままなので、部屋自体が古臭いです。

休日は家でダラダラする

休日はどこへも行かずに部屋でダラダラ過ごす。普段仕事でストレスを抱えているので、休日くらいはゆっくりしたいと考えます。洗濯くらいはするでしょうか。掃除までしようという意識があるかどうかが微妙なところですね。

部屋が片付かない人の心理状態や特徴

バケツで掃除する手

一人暮らしの男性で、部屋が片付かない人の心理状態はどのようになっているのでしょうか。

部屋が片付かない人の特徴なども交えてみてみましょう。

  • 面倒くさがり
  • 細かいことを気にしない
  • 物を捨てられない
  • メンタルが弱い
  • 家事が苦手
  • さみしがりや
  • 忙しい
  • 病気

面倒くさがり

基本的に部屋が片付かない人は、面倒くさがりです。掃除するのが面倒くさいので、週一とか月一に重い腰を上げてやっと掃除するくらいでしょうか。
靴下や着ている服を床に放りっぱなしにするのは面倒だからですよね。

細かいことを気にしない

細かいことを気にしない人は、ほこりがあったりゴミが落ちていても気にならない、むしろ気が付かないと言った方がいいかもしれません。気が付かないと人は動かないのです。
細かいことを気にしない人は、少々の汚れくらい何とも思わないのでしょう。

物を捨てられない

男性に限らず、女性でも物を捨てられない人は、物が入ってくる一方で出て行かないので、部屋にどんどん物がたまるばかりです。物が多いと部屋が乱雑になり、物を積み上げておくようになったりして、整理整頓ができなくなります。

メンタルが弱い

いざ掃除しようと思っても、疲れてやめる。明日にしようなどと先送りします。どうしても今日しようという意思が弱いと、どんどんしない方向に向かっていきます。意志決定が弱いのです。

家事が苦手

部屋がきたない男性は、一般的に家事全般が苦手な人が多いようです。家事は、食事の支度や掃除、洗濯などです。家事が苦手な男性が一人暮らしをすると、しなければならないことがほとんどできないので、汚部屋になりやすいです。

さみしがりや

男性が一人暮らしになると、寂しく思う人がいます。さみしさを物で埋めることで、ものがあふれています。物があふれていると、寂しさを紛らわせることができるので安心します。

仕事が忙しい

仕事が忙しい男性は、休日に掃除しようと思わないでしょう。休日はゆっくり休みたいので、何もしたくないはず。ベッドでゴロゴロしながら好きなことをして過ごしたいと思います。

病気

まれに、病気なので物を片付けられない人もいます。ADHDなどの病気の人は、何からすればいいのかわからないので、部屋が片付かないということもあるでしょう。

以上、一人暮らしの男性で、部屋が片付かない人の心理状態や、部屋が片付かない人の特徴などをみてみました。

忙しいあなたに、掃除をあなたに代わって行ってもらえる【お掃除マスター】

一人暮らしの男部屋の現実・部屋が片付かない人の心理状態や特徴まとめ

コンビニ弁当

一人暮らしの男性の部屋は、汚い、片付いていないのが現実。親が見れば、さぞ心配になることでしょう。また、恋人や彼女なら、汚部屋に行きたくない人もいるでしょう。

一人暮らし男性の部屋の現実は、男性の性格によるところが大きそうですね。また、心の病気の可能性もあります。

男性でも清潔好きな人はいます。本当に自分で片づけられないし、掃除するのが面倒でできないなら、掃除代行業者にお願いするのも一つの手です。

部屋が片付いていない人は、仕事もできない部類に入るようですよ。自己管理ができないという理由からでしょうか。

生活する部屋を清潔に保つのは、男性自身のためでもあります。一人暮らしの部屋は、1Rや1Kといった物件が多いので、部屋面積も小さいです。物をため込まなければ、掃除も楽にできます。ぜひ、家事を苦手と思わず挑戦してほしいものです。

掃除業者に任せるなら、【出張料無料】【電話相談無料】【ネット受付24時間365日】の【お掃除マスター】